Honmonoミートアップでアロマクラフトを体験!

最終更新: 3月3日

2020年1月15日。

新年最初のHonmonoミートアップでは、新メンバー箕輪三香氏のアロマクラフトを皆で体験しました。


三香氏はアロマティゼというアロマサロンを運営しており、AEAJ認定のインストラクター。


メンバーも興味津々の中、アロマクラフト体験がスタートしました。


今日は人数も多いのでヤジー氏が三香氏の助っ人としてサポートします。


まずはアロマの効能について三香氏から説明。

香り、つまり嗅覚というのは五感の中でも脳に最も直接届くらしい。


アロマの香りを直接嗅ぐことで、感性を豊かにしたり、心を落ち着かせたり、体の免疫を高めたりと様々な効用があるとのことです。


そして今回は、日々忙しいメンバーの為に、シゴト中にも癒されるペン「ハーバリウムペン」を作ることになりました。



ハーバリウムを施したペンにお気に入りのアロマの香玉をつけることで、いつでも好きな香りを感じられるなんともステキなペンです。



まずはそれぞれ、好きなアロマの香りを3種類選びます。

果実や葉っぱ、木、ハーブ、ジンジャーの匂いなど、それぞれ香りにもタイプがあり嗅ぐだけで脳が刺激されているのが分かります。


空間が一気に優しいアロマの香りに満たされました。


皆さん悩みながらも、お気に入りの3種類を決定。


さっそくブレンドします。


金胎陶芸家の犬塚氏。さすがの真剣な表情と手捌き。


その横でなぜか真剣な表情のアグリトラベラー長根氏


COHSA SHIBUYA の小林さんにも参加いただきました


3種ブレンドの香水を作ったら、次にハーバリウムのペン作りへ。


ハーバリウムに選ぶお花や飾り付けのパーツを盛り付けていきます。



楽しい!

けど難しい!


デザイナー、漫画家、和食の先生、お花、ヘッドマッサージのセラピストと、なぜか手先が器用そうなメンバーのみが集まってしまった今回のイベント。


その中で、

「なるようになる」タイプの三井所氏だけが悪戦苦闘。


須賀氏(左)に励まされながら紙コップを見つめる三井所氏(右)。


皆さんそれぞれが全く違う香りやお花、色を感性でセレクトするので、

「こんな人がこんな色を!」と意外な発見もあったり。


部屋全体がお花や果実の優しい香りに包まれる中、

集中しながらも和気藹々な雰囲気に


コミュニケーションも活発になります。



そして皆さん、完成!



色鮮やかなペンにお気入りの香り玉がついた世界に1つだけのペン。


その制作過程も五感を刺激しているので、完成時に心も体も充足感で満たされます。


皆さん大満足で終えることができました。



三香さん、有難うございました!


尚、本アロマクラフトは三香氏のアロマサロンにて受講可能です。

気になる方はぜひ体験してみてください!


【アロマティぜ】

https://www.aromatise-salon.com


【ミートアップ後記】

今回のミートアップを経て、アロマクラフト三香氏、花セラピスト諸我氏、睡眠セラピスト須賀氏による癒しコラボレーションのアイデアも生まれました。


本チームについては近日中に公開予定です。


乞うご期待ください!


Social Media

Follow honmono?

  • YouTube
  • Facebook
  • instagram
  • Twitter

提携パートナーについて

​Office365のサポート提供中

​COHSA SHIBUYAの

サポート提供中

チャットワークツールの

​サポート提供中

SLACKスタンダードの

​サポート提供中

Copyright©2020 Honmono Association ALL  right reserved