F A Q

​下記にて解決しない場合はお問い合わせよりご連絡ください

settings.tab.title.demo

Honmonoについて

名前や顔は外部に公開されますか?


はい。公開されます。 会社員の方は会社の副業規則等の確認をお願い致します。




クラウドファンディングとの違いを教えてください


「お金」ではなく「個性(武器)」を集約している点が大きな違いです。 また、不特定多数ではなく選抜メンバー制なので、 質の高い本物の個性のみ活用でき、アウトプットの「質」が格段に向上します。 メンバー同士の信頼関係が強く、その後の活動の進展(販路開拓、メディア支援)までつなげる事が出来ます。




業務代行サービスとの違いを教えてください


・月額制を採用しており業務代行手数料を運営側で徴収しません。 ・選抜メンバー制なので質の高い成果を得る事が出来ます。 ・部分業務ではなく、ビジネスの上流から下流まで一貫してサポートできる多様なメンバーと運営体制があります。 ・Honmono公式サイトやメデイア媒体を利用し、皆さんの活動を外部へ発信・シェアをします。




オンラインサロンや異業種コミュニティとの違いを教えてください


「成果=想いをカタチにする」を目的を置いている点です。多様な力を持つ自立したメンバーが具体的に協業することで、多くの作品や販路、ビジネスを生み出していきます。その為の支援として、運営事務局もメンバーのクリエイティブ支援やプロモーション、各種企業とのタイアップ、メディア配信を能動的に行なっていきます。 単に情報交換をしたい、ステータスを作りたい、皆で集まる事が目的の人には向きません。




@コラボ会員と公式会員の違いについて教えてください。


@コラボ会員は、Honmonoの世界をまずは体感したい、スピーディにメンバーと繋がりプロジェクトを進めていきたい方向けのプランです。その反面、運営事務局によるクリエイティブ支援やプロモーション活動が提供されません。 公式会員になると包括的なクリエイティブ、プロモーション、メディア協力を運営事務局と連携して行うことが可能です。 @コラボ会員でHonmonoの活動を体感後、正式会員に移行することも可能です。 違い詳細についてはこちらの ページを参照にしてください。





エントリーについて

審査基準に達しているかどうかが分からないのですが、、。


Honmonoでは定量軸ではなく、定性軸に重きを置いております。 【定性軸とは】 ・自身が目指したい方向 ・自身の活動のこだわり ・主体性があるか ・メンバーとの協働が可能か また在籍メンバーの活動領域に無い活動を行なっている方は上記を見極めた上で、積極的に採用しております。 エントリー自体は無料なので、まずは可否を判断いただくことをお勧め致します。




東京エリアでの面談が難しいのですが、他のエリアでも可能ですか?


はい、可能です。 但し、遠方地の場合は別途交通実費を頂く可能性がございます。 その点、ご了承下さい。




自身の活動についてまだカタチに出来ていないのですが、エントリー可能ですか?


はい。現時点でカタチとして成果が出ているかどうかはエントリーの上では問題ございません。




自身の活動が明確に決まっていないのですが、Honmonoのメンバーと関わり刺激を受けたいです


@コラボ会員でのエントリーをお勧め致します。 審査については主体性と協働性を確認させて頂きます。 1年目は@コラボ会員として参加いただき、メンバーとの積極的な関わりを持って頂く中で、自身の活動の軸を決めて頂くことをお勧めしております。





審査について

面談ではどのようなことが聞かれますか?


エントリーページにて記載いただいたことを中心にご説明いただき、こちらより何点か関連した内容を質問させて頂きます。




面談にあたり準備しておくものはありますか?


特に必須のものはございませんが、自身の活動に関わるコンテンツがあればお持ち頂けると良いかと思います(形式は問いません)。





契約について

途中解約は可能ですか?


はい、可能です。 短期的に成果が表れるものではありませんので、最低利用期間を6ヶ月以上としています。その後は月単位で解約可能です。 なお@コラボ会員については最低利用期間はございません。 しかし、退会後の@コラボ会員への再入会は出来ませんのでご注意下さい。 ※月途中の解約であってもその月は1ヶ月分の利用料が発生致します。




契約更新はありますか?


はい。1年毎の更新となります。 更新時に再度審査にて活動状況を鑑み継続可否を判断させて頂きます。 継続可能な場合は自動にて更新となります。





メンバー活動について

メンバーへの業務に対して報酬を貰うことはダメなのでしょうか?


貰ってOKです。互いが損にならない範囲で柔軟に決定ください。 信頼を構築する上でのお約束として、 「業務をお願いする側」は「業務をする側」の実費(交通費、機材準備)は最低限お支払いするようにして下さい。 「業務をする側」は報酬を無償とするか有償とするかメンバー間で相談の上、決定ください。 ※Honmonoでは報酬手数料を頂いておりませんので「業務をする側」が報酬を貰う場合は市場価格よりも安価な契約体系で進めていけることが信頼形成の上でも望ましいです。





Social Media

Follow honmono?

  • YouTube
  • Facebook
  • instagram
  • Twitter

提携パートナーについて

​Office365のサポート提供中

​COHSA SHIBUYAの

サポート提供中

チャットワークツールの

​サポート提供中

SLACKスタンダードの

​サポート提供中

Copyright©2020 Honmono Association ALL  right reserved