photographer 笹尾 和義

更新日:2021年10月24日

330photogalleries


「海から得る人間の本質的なライフスタイル」をテーマに独自のアートを作り出し、日本を代表する写真家。



国内外でサーフカルチャーを中心に現地の文化や環境問題、ライフスタイルを取材した作品を発表している。


 

「海から得る人間の本質的なライフスタイル」をテーマに独自のアートを作り出し、日本を代表する写真家として、また多岐にわたる分野でパラレルワーカーとして活躍している。







笹尾 和義


自身の志


世界各国の写真家やオーガナイザーなどとプロジェクトを立ち上げ、撮影や写真を通して環境や文化、ライフスタイルを日本の人々に伝えていきたいです。現場第一主義を大事にしています。

 

具体的な活動


写真家、冒険家、歴史研究家、ディレクター、キュレーター、ジャーナリスト、ガイドとして活動しています。サーフィンやスノースポーツの日本人プレイヤーのライフスタイルを国内外の雑誌やwebページで国内外に発信すると共に、海外のサーフカルチャーを日本に伝えています。また、海外からプレイヤーが来日した時に日本におけるガイドもしています。現地の文化やライフスタイルにとどまらず、環境問題も取材し発信しています。

 

大事にしていること


現状に満足することなく、謙虚に日々学び努力しつづけ、現場第一主義でリアルなものを届けることにこだわっています。

 

Honmonoに加入した理由


日本人として初となる活動の足跡を海外や国内に残すため、Honmonoに所属する各方面の一流のプロフェッショナルたちと一緒に行動したいと考えています。

 

Honmonoで取り組みたいこと


メンバーと様々なディスカッションを行い、作品のコラボや色んなビジネスの可能性を皆で考えていきたいです。また、日本初となる本物のワールドプレイヤー、クリエイターが集まる「330クリエイティブスタジオ」を今後展開していきたいです。