ホンモノガタリ Vol.4 濱口 雄太

株式会社NADJA 代表取締役社長

ダンサーからWEBマーケターへ。通ずる道。

ダンサー、そしてWEBマーケターという異色の経歴を歩む濱口雄太さん。かけ離れた世界にいながらもジブンというスパイスでまわりを幸せにする共通の価値観を持っている。アートとビジネス、それぞれの世界を行き来する濱口さんの目は常に少年のような輝きを放つ。そのルーツを探ってみた。


取材日:2020年4月26日

聞き手:大竹一平(MtipCreative㈱代表)

文:三井所健太郎(Honmono協会代表)



ダンサーとしての挑戦


大竹

濱口さんってホント不思議だよね


濱口

冒頭から(笑)


大竹

アートからビジネスまで経験していて、国内外を行き来してて。

一見バラバラにも見えるんだけど、なんかそこに共通点がありそうな。


濱口

あぁーなるほど。


大竹

今回はそういったところを引き出せればいいなっと思ってる。


濱口

有り難うございます。


大竹

まず、濱口さんのルーツでもあるダンスなんだけど

始めたきっかけってなんだったの?

濱口

そうですね。

純粋にテレビ見て、ダンスかっこいいなと。

新しいジブンに出会えるなと。

やるだけやってみようと。


大竹

ポジティブな感じだ。


濱口

いえ、実はその真逆で。。

中学の頃、生きてるのが辛くて。

ダンスに没頭することでジブンを探す、

みたいな感じでしたね。

高校も行かなくなりました。



大竹

学校は辞めたの?


濱口

高2で辞めたんですけど。

通信制の学校に行って卒業はしました。

その後、大阪に引っ越してダンスをやるために一人暮らしを始めたんです。

ちょうど18歳。

何ができるんだろうと考えた時に、

バイトも向いてないのでダンスのレッスンを始めました。


大竹

なるほど。


濱口

そして19歳になった時に

ユニバーサルスタジオにダンサーとして入りました。

日本って月給もらいながらダンスできるところ少ないんです。


大竹

確かに。

普通はなかなか食っていけないよね。

すごいこと。


濱口

いないすね。

当時は私もその価値をわかってなかったです(笑)


大竹

そこから本格的に。

USJではどんなダンスをしていたの?


濱口

USJのダンサーはバレエとか宝塚系の人が多いんです。

その中で私はヒップホップ出身。

しかも一番若かったんです。


大竹

異端児扱い


濱口

はい。

だからネットで叩かれてるのを見て凹んだこともありました。

あいつだけ動きが違うぞ、的な。


大竹

そういうこともあるんだ。


濱口

で、ディレクターに会ったときになんで僕を採用したのか聞いたんです。


大竹

ほお。


濱口

そしたら

「濱口くんが唯一、面接の時に、こっちが『もういい』っていうまでダンスをやり続けた」と。

それがよかったのかも。


大竹

認めてくれる人がいてよかった。


濱口

はい。

しかも、バレエの世界に出会える経験にもなりました。


大竹

自分と周りのダンサーとの力量は自分ではどう感じてたの?

濱口

もう技術的には自分は最低でしたね。

ただMCとかそういう付加価値はありましたけど(笑)

大竹

濱口さんっぽい(笑)

USJにはどのぐらいいたの?

濱口

2年ぐらいですね。

そのあとジャズダンスを学びたいと思い

ちょっとだけ東京にいました。

大竹

USJは辞めて?

濱口

はい。なので日銭を稼ぐため、

歌舞伎町のショーパブで踊ってました。

大竹

表舞台から夜の世界へ


濱口

です。

ただ、その原点は「踊りが上手くなりたい」という一心でした。

そのためには踊り続けるしかない。

だからお金を貰いながら踊る、というを選択をしました。


大竹

関西から東京に出てきて、どうだった?


濱口

東京には本当はジャズダンスを学びに来たのですが、いろんなの出会いの結果、

前衛芸術集団と一緒になることになってしまったんです。


大竹

前衛芸術?


濱口

新宿の西口に寝そべっているような変な人たちです。

カラダを使って即興で感情を表現するような。


大竹

面白い。

そこから海外へ?


濱口

そうですね。

前衛芸術というスタイルは、今のジブンを常にダンスで表現するんですね。

そうなると、ダンスと実生活の境目がなくなってきて。

24時間踊り続けるような生活になってしまって。

そこから自分が分からなくなり、ヨーロッパへ。


ジブンを探すヨーロッパの人生


大竹

人生そのものが即興ダンスになっちゃた。


濱口

はい。

なかなか言葉にはできないのですが

一人になりたい、みたいな感情もありましたね。


大竹

行き先はなんでヨーロッパにしたの? 

ダンスだとアメリカに行く人が多そうなイメージだけど。


濱口

アメリカも考えたけど、アメリカは日本人が多かったんですね。

なので日本人のいなさそうなヨーロッパを選びました。


大竹

そこから転々と?


濱口

はい。

ユーレイルパス、というヨーロッパの列車が乗り放題になるパスがあるんですけど、

それを使ってアムステルダムからローマまで行ってみようと。


大竹

拠点はあったの?


濱口

いえ。流浪です。

ただ1年目はスイスにいました。


大竹

スイス?


濱口

はい。

ヨーロッパではユーレイルで駅を降りては、道すがら踊ってたんですね。

そしてストリートパフォーマンスでお金をもらっていました。

その際にスイスでのオーディションの情報が入って。

行ったら受かって。


大竹

すごい、行動力。


濱口

そこはジュニアカンパニーという学校とバレエ団の中間みたいなところで

家賃を補助してもらいながら暮らしてました


大竹

そうなんだ。出会いの連続だね。

でもその時、濱口さん自身はまだジブンを見失ってるんだよね。

その中で、何を表現してたの?


濱口

見失ったことを表現してました(笑)

大竹

なるほど、それもアリなのか(笑)


濱口

今を表現することもコンテンポラリーダンスなので。


大竹

ダンスしながら自分が戻る感じはあったの?


濱口

ないですね、ずっと探してました。

満たされないんですよね。こういうことをやってると。

ただそれを表現することがアートでもあるので。


大竹

なるほどね。

でもなんか不思議だよね。

空っぽなのにどんどん前に進んでる感じ。


濱口

ですね。

自分からアプローチしていたからだと思っています。

言葉も全然できなかったのですが、

ダンスを通して表現をし、ご縁や機会を得ることはできていました。


大竹

確かに。


濱口

スイスを出たあとは、

コンテンポラリー寄りのポーランドのカンパニーに入団しました。

それが2003年ごろ。

雑誌でオーディションがあるのを知って、それに受かりました。

じゃあいくねと。


大竹

順調だ。


濱口

はい。

でも実はポーランドにも1年ぐらいいたんですが、

その時に怪我をしたんです。


ポーランドは当時医療が発達してなくて、

そのときにヘルニアの処置をしてくれなかった。


怪我、そして新たな発見


大竹

そうだったんだ。


濱口

シアターに救急車呼んで筋肉注射して、、。

その時に紹介してもらった医者がまたとんでもなくて。。


大竹

言葉もわからないし余計不安になるよね。


濱口

これは厳しいなと。保険もないし。

それで日本に一旦帰りました。


大竹

なるほど。


濱口

そこからまたヨーロッパに戻りました。

そこでようやくドイツです。

なぜなら医療が発達してるから。


大竹

そういう経緯でドイツなんだ。


濱口

そこでオーディションに合格し、

バイエルンの州立劇場で3年間踊りました


大竹

その時は何歳?


濱口